エボラブルアジア(6191)【人工知能技術チャットボット開発支援のhachidori社への資本参加!

エボラブルアジア  [6191] 東証M部 時価:3800円

 One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショア開発事業を手掛けるエボラブルアジア(6191、)は、人工知能技術であるチャットボット開発支援を主に手がけるhachidori社(東京都渋谷区)の第三者割当増資を引き受け、資本参加いたしました。
昨年9月30日に発表した、投資事業の一貫での取り組みとなります。hachidori社とはLINEやFacebook Messengerのチャットプラットフォームの公開によって高まる人工知能技術のチャットボット作成ニーズに対し、SaaSでノンプログラマーが簡単にBOTを作成できるプラットフォーム、「hachidori」を2016年4月より順次公開し、「hachidori」単体では現在、約1,000アカウントが利用されております。
チャットアプリのユーザー数はSNSのユーザー数を上回り、企業がユーザーと触れるポイントもSNS全盛期に比べ、チャット上のコミュニケーションが増加しております。LINEやFacebook Messengerを利用した顧客コミュニケーションを模索している会社は多く、自動化ニーズも高まりを見せています。
人工知能市場と呼ばれるマーケットは2030年には86兆円を超えるとの予測があり、中でもチャットボットはユーザーの日常生活に浸透する大きなプロダクトだとされております。
エボラブルアジアでも昨年11月からhachidori社のチャット×AI技術を活用してLINEやFacebook Messengerでの問い合わせ対応を開始していますが、人工知能市場の拡大を背景にhachidori社の事業拡大が見込めると判断して資本参加にいたってとしています。
2017/02/09 8:10