日本通信(9424)【「格安スマホ」普及に弾み 携帯大手3社、MVNO向け接続料10〜20%値下げ!

日本通信  [9424] 東証1部 時価:196円

携帯電話大手3社が、格安スマートフォン事業を展開する仮想移動体通信事業者(MVNO)向けの2016年度分の接続料を約10〜20%値下げすることになりそうだ。
ソフトバンク(9984)が約20%、NTTドコモ(9437)が約15%、KDDI(9433)が約10%それぞれ下げる。これにより、月に1980円程度の格安スマホ事業者の提供する料金も5%程度値下がりするとみられ、総務省も後押しする格安スマホの普及に弾みが付きそうだ。
関係者によると、2月に改正された総務省令で定められた新算定方式で各社がデータ通信の接続料を算定したところ、16年度は、ドコモが毎秒10メガ(メガは100万)ビット当たり約67万円、KDDIが同約87万円、ソフトバンクが同約94万円になったもようだ。15年度はドコモが同約79万円、KDDIは同約97万円、最も高いソフトバンクは同約117万円だった。16年度の値下げで15年度に1.5倍の差があったソフトバンクとドコモの差は1.4倍まで縮まる見通し。
今回の携帯大手の値下げによって、MVNO各社が大手に支払う負担が減ることに伴い、MVNOの提供する格安スマホ料金も安くなることが期待される。携帯電話業界関係者は「接続料値下げで月額約2000円の料金は100円程度下がるのでは」と話しており、携帯大手の春の新料金プランに対抗して、4月中に値下げする可能性もある。ただ、MVNOはすでに赤字に近い薄利でサービスを提供しているため、接続料の値下げ分がそのまま料金値下げに転嫁されることはなさそうだ。 
 日本通信(9424)は、格安でソフトバンクのiPhone・iPad を利用できるSIMを3月22日より提供開始しました。b-mobileブランドで展開するエンドユーザ向けモバイルサービスにソフトバンクのLTEを利用した「b-mobile S」を追加し、ソフトバンクのiPhone・iPadをSIMロック解除することなく使える、初めての格安SIM です。月々1・3・7・30GBの4種類のデータ通信容量プランを選択でき、ソフトバンクのデータ通信料金に比べて3分の1以下から利用できます。併せて、イネイブラーとしてパートナーMVNO及びパートナー企業向けに、本サービス基盤及びモバイル回線を提供開始しました。
2017/03/23 8:20