澁谷工業(6340)【超コンパクト型レーザアブレーション加工機の開発、販売へ!】

澁谷工業  [6340] 東証1部 時価:3180円

澁谷工業(6340)は、豊富なレーザ技術を活かし薄板・薄膜の高品質が行える超コンパクト型レーザアブレーション加工機を開発しました。
同社は切断加工用のレーザ加工機を中心とした各種レーザ加工システムを製品化し、低出力から高出力まで高度なレーザ加工機技術を有しており、特に精密・高精度加工分野においては高い評価を得ています。
この新製品は、自動車やモバイル機器、カメラ等に使用されるフレキシブル基板用の高分子フィルムの高速・高精度切断やリチウムイオン電池や半導体製品等に使用される最先端材料の薄膜素材の切断・彫り込み等の加工が出来るので、短パルスレーザ発信機を搭載し、発生したレーザ光を広範囲に振り分けるガルバノ装置と材料をX−Y方向に移動させるワークテーブルの動作によってレーザ光を高精度にワークへ照射し、蒸散加工することができ、切断、彫り込み、溝堀り、穴明け等の加工を行える他、各種金属、樹脂、セラミック、ガラスや炭素繊維強化プラスチック(CFRP)などの様々な材料の加工が出来ます。
この新製品は設置面積を従来機に比べて60%削減でき、コンパクトにしたのが特徴で、標準機として自動車分野や半導体部品分野、情報家電関連分野などに拡販していく方針であります。
尚、4月5日〜7日に東京ビックサイトで開催されるレーザ加工技術展と5月18日〜20日に石川産業展示館で開催されるMEX金沢に出展しますので注目を集めることになるでしょう。
2017/03/30 7:45