北川精機(6327)【画期的真空プレス装置の開発で注目集めるか!】

北川精機  [6327] 東証JQ部 時価:685円

現在広く普及しているスマートフォン、タブレット端末などあらゆる電子機器に内臓されているプリント基板であります。そのプリント基板製造に欠かせないのが北川精機(6327)の真空プレス装置であります。
同社の製品は、温度・圧力・真空制御を高次元で実現し、世界中の高い評価を受けているプリント基板メーカー、半導体メーカー、EMS,電子部品メーカーなどをはじめとする世界の主要機械メーカーなどに提供しています。
又、プリント基板用プレス機械など産業機械を製造、販売する他、特殊リスト、ストッカー、自動倉庫、自動車用トップシーリング生産の一貫ライン、航空機整備用スタンドなどの搬送機械を開発・提供するFAシステム事業や合板プレス、合板機械の製造を行う建材機械事業も展開中です。
真空環境下で熱と圧力を均一にかけながら樹脂を成形する同社の独自技術は、様々な分野へも応用されています。
ソーラーパネル用多段ラミネータ、金型のいらない曲面ラミネータ、自動車用パワーモジュール用プレス成形装置、次世代の軽量化素材として、自動車や航空機向けへの展開が期待されているのが、炭素繊維強化熱可塑性樹脂、いわゆるCFRTP(複合材)スタンパルプシートシート用の「真空プレス装置」を開発しております。
同社は来週4月5日から7日まで、東京ビッグサイトで開催される第6回高機能プラスチック展示会において、ダイヤフラム方式と両面加熱を採用し、成形時間短縮実現した「曲面パネル成形用ラミネータ装置」とCFRTPをはじめとする複合材の積層材を過熱成形する「複合材積層装置」を出展する予定であり、いよいよ実用化が近づいてきたことから注目が集まることでしょう。
2017/03/30 7:50