マイネット(3928)【セガゲームスから「モンスターギアバーサス」の配信権を取得!】

マイネット  [3928] 東証M部 時価:2945円

マイネットグループの株式会社C&Mゲームスは、2017年3月29日に、株式会社セガゲームスが提供しているスマートフォンゲーム「モンスターギア バーサス」に関する配信権取得の契約を締結したと発表しました。
あらゆる情報がインターネット上を飛び交い、あらゆるモノはネットで手に入り、人々は皆ソーシャルネットワークでつながる。スマートフォンですべての人にネットが行き渡ったことでこれらはますます加速しています。流通規模で見ると現在ゲーム市場のオンライン化率は6割、広告市場は2割、コマース市場はほんの3%。全体で見れば世界のオンライン化はまだ始まったばかりで、これから100年の単位で進み続けます。
マイネット(3928)はこの不可逆に進む世界のオンライン化の先端で、人と人とを結び付けるサービスを提供し続ける『オンラインサービスの100年企業』をめざしている企業です。
同社の強みは買収・再生に関わる「獲得力」「再生力」「集客力」です。タイトル買収に係る独自の将来予測モデルを磨き上げデューデリジェンス・価額算定・契約体系を標準化することで身に付けた「獲得力」、ゲーム・タスク・クリエイティブのそれぞれを要素分解して選択と集中の観点でパッケージを再構築する独自のリビルドフレームワークによる「再生力」、当社が運営し業界61社が参加する国内屈指の相互送客ネットワーク『CroPro(クロプロ)』を駆使した「集客力」です。
これから2020年代に向けて、あらゆるモノがネットにつながるIoT(Internet of Things)の時代を迎えます。ここでは人のバイオデータや行動データ、モノが検知した状態データのすべてがクラウド上に蓄積され、ビッグデータ分析を通じてその人に最適のサービスが供給されるようになります。これはすべてのサービス業が『オンラインサービス化』するということです。飲食サービスも交通サービスも医療サービスも、すべてが『オンラインサービス』となる未来が到来します。
同社は現在あらゆるオンライン市場の中で最も成長著しいスマホゲーム市場で、未来のアセットを蓄積しながらも市場の急成長を超えるスピードで成長を遂げており、オンライン化の先端で人と技術の明るい未来を切り拓いていくことでしょう。
セガゲームスが提供する「モンスターギアバーサス」は2015年5月のサービス開始以来500万ダウンロードを超える大型タイトルで、今後マイネットグループのゲームサービス事業で培ってきた運営の知見・ノウハウを活かし、ユーザーの皆さんが、より長くワクワクできる取り組みを積極的に展開していくとしています。
2017/04/03 8:10