ヤマトホールディングス(9064)【自動運転で荷物届ける「ロボネコヤマト」がいよいよ開始!】

ヤマトホールディングス  [9064] 東証1部 時価:2348,5円

ヤマトホールディングス(9064)傘下のヤマト運輸とDeNA(2432)は4月17日、自動運転技術を活用した新たな物流サービスの実用実験プロジェクト「ロボネコヤマト」を神奈川県藤沢市内で開始しました。
「ロボネコヤマト」は、自動運転によるオンデマンド配送サービス「ロボネコデリバリー」と、複数の地元商店が扱う商品をまとめて注文できる買い物代行サービス「ロボネコストア」を行うもので、実施期間は2018年3月31日まで。
将来の自動運転社会を想定しているものの、実用実験では原則としてはドライバーによる有人運転でサービスを提供する。ただし、ドライバーは荷物の発送や受け取りに関与しない。
「ロボネコデリバリー」は消費者が望む場所や時間帯に荷物を届ける配送サービスで、車内に保管ボックスを設置した専用EV車両が荷物を運ぶ。指定場所に到着した車両内部の保管ボックスから、顧客自身が荷物を取り出す。受け取り場所は地図上で指定する。対象エリア内であれば駅や会社、路上などで受け取ることが可能。車両の到着時間帯は午前8時から午後9時までの間、10分刻みで指定できる。荷物の到着予定時刻の3分前に、顧客のスマートフォンなどへ自動音声で到着を通知する。冷凍・冷蔵品の配送にも対応している。
「ロボネコストア」は複数の地元商店の商品を、自宅や外出先からまとめて注文できる買い物代行サービス。本鵠沼商店街、鵠沼海岸商店街、プチモール東海岸などの商店街を中心に、約20店舗がインターネット上の仮想モールに出店した。配送は「ロボネコデリバリー」を利用する。
実験を行う地域は国家戦略特区である神奈川県藤沢市の鵠沼海岸、辻堂東海岸、本鵠沼の各エリア。実用実験を通じサービス受容性の検証や、利用者からの要望を収集する。2018年を目処に一部の配送区間における自動運転の導入を予定している。実験では日産自動車(7201)車両を使うが、「どの企業の自動運転技術を取り入れるかは、まだ一切決まっていない」(DeNAの中島氏)という。
2017/04/18 8:10