アドソル日進(3837)【名古屋工業大学の産学協同研究「つるまいプロジェクト」に参加!】


アドソル日進  [3837] 東証1部 時価:1176円

アドソル日進(3837)は、名古屋工業大学とVirtual Engineering Community(VEC)が行う「工場、プラントなどの制御システムを標的にしたサイバー攻撃の防御技術及び制御製品のセキュア化技術に関する産学協同研究(つるまいプロジェクト)」に参加すると発表しました。
同プロジェクトは、2010年に制御システムを直接攻撃するマルウェアの登場以後、ドイツの製鉄所や韓国の原子力発電所へのサイバー攻撃が発生して以来、2014年頃からは、制御システムを構成するマルウェアも登場し、重要インフラから一般産業まで、サイバー攻撃の対象は広がりを見せております。
制御システムを標的にしたサイバー攻撃手法は年々高度化しており、産業界からは、実用的な制御システムのセキュリテイ対策技術の向上が求められているのを受けて、今年4月に始動したプロジェクトであります。
同社のほかに、上場企業ではトレンドマイクロ(4704)、NEC(6701)、横河電機(6841)、アズビル(6845)、立花エレテック(8159)などが参加しており、なかで同社はIoT機器におけるセキュリテイ強化策の調査・研究や、IoT機器への適用検証を行うとしています。この成果発表は5月18日〜19日に「VEC」が主催する「第9回制御システムセキュリテイ対策カンファレンス」にて、中間発表を予定しています。
同社の今期最終利益は前期比55,7%増の4,5億円と2期連続で過去最高益を更新するほど好調であることから、17年3月期の年間配当を従来計画の24,5円→26,5円に増額しております。
2017/04/20 8:10