PALTEK(7587)【上期経常利益を56%も上方修正、通期計画も上方修正!】

PALTEK  [7587] 東証2部 時価:900円

3月7日にも推奨した独立系半導体商社のPALTEK(7587)は昨日の決算発表で、17年12月期第1四半期の連結経常利益は前年同期比3,5倍の4,3億円に急拡大しています。併せて、1−6月期(上期)の同利益を従来予想の4,億円→6,4億円(前年同期は1,1億円)に56,1%上方修正し、増益率は3,5倍→5,5倍に拡大する見通しとなりました。主力の半導体事業で利益率の低い案件の売上構成比率が減少したことが寄与して。更に、円安による採算改善や為替差益の増加なども大幅な増益に貢献しています。
上期業績の好調に伴い、通期の同利益を従来予想の10,5億円→12,8億円(前期は1,1億円)に21,9%上方修正し、増益率が9,5倍→12倍に拡大する見通しとなりました。直近3ヶ月の実績である1−3月期の売上営業利益率は前年同期の1,3%→4,7%に大幅に改善しています。
同社は3月にも、2020年東京五輪に向けてハイビジョンの約100倍のデータ量となるフルスペック8K映像信号を1本のケーブルで伝送できる8K映像・音声・信号インターフェイス“U−SD1”を搭載した高精細な8K映像や4K映像の合成処理や分割処理などを行うことの出来る映像機器開発プラットフォーム「Image CUBE2」を開発しています。
更に、CPUモジュールの欧州大手の独congatec社と販売代理店契約を結んでおり、今後成長が期待される組み込み向けコンピュータ・オン・モジュールや小型シングルコンピュータ市場への高品質な製品供給による実績への寄与も期待出来ることから押し目を注目してみたい。
2017/05/10 8:15