今仙電機製作所(7266)【無動力歩行アシスト「aLQ」を6月に発売!】

今仙電機製作所  [7266] 東証1部 時価:1175円

今仙電機製作所(7266)は自動車用ランプ、リレー、ウインドレギュレータ、シートアジャスタなどが主力の独立系自動車部品メーカーであり、2014年には無動力歩行支援機「ACSIVE」を発表して人気化し株価も2799円まで急騰した実績があります。そして昨日、無動力歩行アシスト「aLQ」(通称アルク)を開発し、6月1日から発売すると発表しました。
「aLQ」は、名古屋工業大学の佐野明人教授が15年以上研究・解明してきた「受動歩行」理論をベースに開発していたもので、電気やモーターを使わず、バネと振り子の動きが作用し、脚の振り出しをアシストするのが特徴であります。
これは同社が14年9月に発売した無動力歩行支援機「ACSIVE」のノウハウを生かしつつ、誰もが手軽に装着しやすくしており、高齢層の方々にも「aLQ」を装着していただくことで、これまで以上にウオーキングやスポーツをアクティブに楽しめるようになるとしています。
業績については、17年3月期の連結経常利益は従来予想の11億円から前期比25,5%減の20,4億円に85,5%上方修正しており、減益率が60,0%→25,7%減に縮小しており、更に、18年3月期は前期比85,6%増の38億円に拡大する見通しとなっており、押し目を注目してみたい。
2017/05/18 8:10