富士通フロンテック(6945)【韓国で手のひら静脈認証の決済サービスを開始!】


富士通フロンテック  [6945] 東証2部 時価:1717円

富士通フロンテック(6945)はATMや現金処理など金融・流通端末など、更に公営競技関連の表示・発払機等を主力事業としております。
韓国富士通と富士通フロンテックは、韓国の大手クレジットカード会社であるロッテカード株式会社が展開する決済サービス「Hand Payサービス」に手のひら静脈認証「FUJITSU生体認証PalmSecure(パームセキュア)」を提供し、ロッテカード会員向けカードレス決済システムを実現しました。クレジットカードを持たなくても生体認証だけで本人確認からクレジットカード決済まで一括して行うことが出来る韓国初のバイオペイサービスを5月16日より運用開始しました。
手のひら静脈認証装置「パームセキュア」142台と認証エンジンをロッテカードに納入した。富士通の韓国子会社である韓国富士通がシステムを構築。ロッテマートなどグループ傘下の小売店に装置を置き、ロッテカード会員向けのシステムとして提供する。買い物客は装置に電話番号を入力し、手を数秒かざすだけで本人と認証して決済できる。
 登録した個人の静脈情報は外部からの解読が不可能なデータに変換して暗号化して管理する。データはロッテカードと日本の金融庁にあたる韓国・金融決済院の2カ所のサーバーに分散して保存し、セキュリティーを高めた。
 富士通はJCBと手のひら静脈を使った決済で実証実験を手掛けるが、本格運用に至った例は珍しい。韓国は金融決済院が手のひらや指紋といった生体データを保管する専用センターの運用を始めており、国を挙げて生体情報を使った決済サービスを推進しています。
2017/05/31 8:25