リミックスポイント(3825)【航空機チケットやホテル・旅館やお土産店などで仮想通貨での支払いが増加


リミックスポイント  [3825] 東証M部 時価:1118円

リミックスポイント(3825)傘下で仮想通貨取引所を運営するビットポイントジャパンとインターネット旅行会社のエボラブルアジア(6191)は提携して、今夏にもホテルや旅館に仮想通貨の両替機能を提供するサービスを始めると発表しました。
訪日外国人客らは両替所の少ない地方で「ビットコイン」などから日本円を得られる。観光地の土産物店や飲食店の利用を活性化することにつながることでしょう。
 エボラブルアジアとビットポイントジャパンでオンラインの両替システムを共同で開発し、宿泊施設の受付で旅行客自身がスマートフォンなどでシステムを利用、保有している仮想通貨の両替処理をしてもらいます。宿泊施設は準備金から日本円を旅行客に手渡しし、その分の支払いをエボラブルアジア側から受けるシステムであります。
 エボラブルアジア側も宿泊施設も両替手数料を得られる。また宿泊施設周辺のクレジットカードによる決済機能を持たない店舗で、より日本円を利用してもらう狙いがある。エボラブルアジアは観光地を活性化し、旅行客をさらに呼び込む好循環を生んで主力のインターネット旅行事業の拡大につなげる。
 ビットポイントジャパンは先月、格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションとも提携。年内にも仮想通貨で航空券を買えるようにすることで、多額の現金を持ち歩かなくても、仮想通貨を持っているだけで航空券チケットを手に入れ、観光地に旅行を楽しみ、ホテル代金やお土産代までを支払い出来るという便利な時代が訪れてきました。
例えばネットで何かを買う時、「送料無料」だけを検索して探すとか、「カード決済が出来る店」だけ探していますが、近い将来「ビットコインなどの仮想通貨決済が出来るホテル」だけを検索するって人が出てくるでしょう。
楽天トラベルやじゃらんがそういった機能を盛り込んでくるとこが考えられます。現在は、ビットコインが使えるお店だけを地図上に表示させるサービスが既にあり、そのようアプリもどんどん生み出されて来るでしょう。
2017/06/09 8:30