ブレインパッド(3655)【ビッグデータ、AI、IoT、深層学習(ディープラーニング)の高い技術に注



ブレインパッド  [3655] 東証1部 時価:1337円

今、「ビッグデータ」、「AI」、「IoT」、「機械学習(マシンラーニング)」、「深層学習(ディープラーニング)」、「データサイエンティスト」、「データ分析・データ活用」、「予測・最適化」、「フィンテック」など、様々なキーワードが注目されていますが、根底にあるのは、どれも、“データを価値に変えて企業活動に変化と改善をもたらすこと”であります。
ブレインパッド(3655)は、データ活用領域のリーディングカンパニーとして、アナリティクスとエンジニアリングを駆使し、データを価値に変えることで、企業のビジネス創造と経営改善に貢献している企業であります。
具体的には、三井化学(4183)のバッチプラントにおける近未来の蒸気量の変動を予測する取り組みを開始しています。蒸気量の需要量の予測結果を、用役プラントの最適な運転手法の立案に役立て、工場の省エネルギー運転の最適化に貢献していきます。
又、大手総合建設コンサルタントの八千代エンジニアリング株式会社に、AIのビジネス活用を支援する「機械学習・ディープラーニング活用サービス」を導入し、河川の護岸コンクリートの劣化検知を効率化する支援を行っています。
更に、同社のAI技術「Find Your Candy」が、Googleのイベントに採用され、AIが人間の発話を理解し、複数種類のお菓子の中から、その発話者の好みに合ったお菓子をロボットアームが取り出して、発話者にすすめるというものであります。自分の好みを話しかけるだけでロボットアームが動き出しお菓子をすすめてくれるという、わかりやすい内容になっており、目に見える形でAIの世界を体験することができます。
業績については、18年6月期経常利益は、ビッグデータ解析の業務受託が金融、流通、情報通信業界向けに伸び、今期比2倍の3億円位の見通しの観測が出ており押し目を注目してたい。
2017/06/27 8:10