オンコセラピー・サイエンス(4564)【MELK阻害剤「OTS167」の乳がんに対する第1臨床試験開


オンコセラピー・サイエンス  [4564] 東証M部 時価:282円

オンコセラピー・サイエンス(OTS)(4564)は、がん遺伝子の解析、治療薬の開発を主力として、東京大学医科学研究所と共同研究する創薬ベンチャーであります。
このたび、同社が臨床開発のMELK阻害剤「OTS167」が、米国コーネル大学に続き、米国テキサス州立大学MDアンダーソンがんセンターにおいても、乳がんに対する第1相臨床試験を開始したと発表しました。
この臨床試験は、トリプルネガティブ乳がんを含む乳がん患者さんを対象に「OTS167」のカプセル剤による経口投与における安全性と推奨投与量の確認を主な目的とし、副次的にトリプルネガティブ乳がんに対する臨床上の有効性の確認を行うものであります。
「OTS167」は、ゲノム包括的遺伝子解析に基いて発見された新規キナーゼのMELKを標的としたもので、がん幹細胞により強く効果が期待できる新しい分子標的治療薬であり、既に動物試験において、肺がん、前立腺がん、乳がん、膵臓がんなどに対し、強力な抗腫瘍効果が確認されています。
更に、現在、米国シカゴ大学の中村裕輔教授グループにおいて、急性骨髄白血病に対する静脈内投与による臨床試験も開始しております。
又、塩野義製薬(4507)にライセンスアウトしているがん特異的ペプチドワクチン「S−588410」の食道がん患者を対象とした第?相臨床試験においても、試験進捗に伴ってマイルストーンが発生しております。
2017/06/30 8:30