フィル・カンパニー(3267)【駐車場の上に広がる「空中店舗フィル・パーク」で新事業スキームを開始!



フィル・カンパニー  [3267] 東証M部 時価:1736円

フィル・カンパニー(3267)は駐車場上部の「未利用」空間の活用を利用した空中店舗フィル・パーク事業を展開しています。駐車場上部の「未利用」空間を店舗として活用することで駐車場を取り巻く空間に「駐車場+空中店舗(建物)」という新たな“常識と価値“を創造し、アイデアが新しいカタチとして標準化されたスキームまで成長し、「オンリーワンかつナンバーワンのサービス」となっています。
さらに、従来は、遊休地をコインパーキングとして活用している土地オーナーに対して、駐車場の空中部分を「空中店舗フィル・パーク」を提案しているが、今後は土地オーナーだけではなく、一般投資家や機関投資家の高まる不動産ニーズに対しても、同社が企画・開発した「空中店舗フィル・パーク」を不動産商品として販売するという。
又、小池百合子東京都知事も「待機児童ゼロ」を東京大改革の目玉に挙げているように、首都圏では待機児童の増加や保育園建設用地不足など、子育て環境に関する課題を抱えています。
この課題解決のため、同社は東急電鉄(9005)と連携し、既存のコインパーキング上部を活用した空中保育園施設を2017年8月頃に新設すると発表しています。元来の駐車場機能を残したまま上部を保育園とすることで、駐車場運営を続けたい土地所有者と保育園新設を望む地域の両方の要望に応えることができ、保育園建設用地不足解消の手法となることが期待され、さらなる生活の利便性・快適性に優れた、子育てのしやすい街づくりを実現することに貢献できるでしょう。
2017/07/12 8:25