信越ポリマー(7970)【インモールド成形 自動車向け採用拡大、今期経常は15%増益!】



信越ポリマー  [7970] 東証1部 時価:955円

信越ポリマー(7970)は信越化学工業(4063)傘下で、携帯電話ボタン製造で世界トップシェア、ウエハー搬送容器では世界第二位のシェアを持ち、シリコーンなど各種樹脂の基盤技術が強みの樹脂加工メーカーであります。
同社はシリコーンゴムと樹脂とのインモールド成形技術により自動車分野での実績を拡大する。携帯電話で培った技術を注力市場の自動車分野にも活用する。キーレスエントリーへの防水性の付与で採用が進んでいる。(参考:キーレスエントリーとは車のキーをシリンダーに差し込まなくてもキーのスイッチでドアロックの操作が出来ます。スマートキーなら持っているだけでドアロック解除、ボタンのみのエンジンスタートができ、車から離れればエンジンストップ、ドアはロックされます。)
防水性、防塵性、耐久性の向上や、シリコーンゴムによる"ソフトフィーリング"の付与を一体成形で行うことで小型化、薄型化できるとともに、部品点数や組み立て工数の削減につながることも訴求し、ステアリングスイッチ、バックモニターカメラ、コーナーセンサーなどにも用途を広げていく。
又、昨日18年3月期第一四半期の連結経常利益は前年同期比54,3%増の18,4億円に拡大して着地、半導体ウエハー搬送容器や車載用タッチスイッチが好調だったほか、液晶接続用コネクターの販売も伸びています。更に、円安による採算改善や為替差損益の改善も増益に大きく貢献しています。併せて、非開示だった通期の同利益は前期比14,6%増の68億円に伸びる見通しを示しています。同時に非開示だった4−9月期(上期)の業績予想は連結経常利益は前年同期比24,2%増の36億円に伸びる見通しを示した。
又、従来未定としていた今期の上期配当を6円(前年同期は6円)実施するとし、下期配当も6円実施するとして、年間配当を12円となります。
2017/07/25 8:10