ツナグ・ソリューションズ(6551)【レオス・キャピタルワークスが6,7%を保有と判明!】



ツナグ・ソリューションズ  [6551] 東証M部 時価:5150円


日本の非正規雇用割合が40%を超え、今後さらに増加していくことは間違いありません。それは今までの終身雇用を前提とした正社員としての働き方研究が意味をなさなくなることと同義です。
ツナグ・ソリューションズ(6551)は日本で唯一のアルバイトやパート専門を中心に採用コンサルティングや採用活動支援サービスを手掛けているグループ会社であります。
企業にとって、人事部門や店舗の「現場」における加重労働対策は、現在最も経営者を悩ます課題となっています。同社は、日本で唯一の「現場支援型アウトソーシング」を実現。求人募集・応募受付から人材定着までをワンストップで提供し、店長などの現場責任者、企業の採用担当者などの負担を大幅に軽減すると共に、単なる採用代行業務だけでなく、蓄積されたビッグデータ・知見を活用し、採用活動における全体最適化を図ることに貢献しています。
昨日、提出された大量保有報告書で、ひふみ投信などの運用を手掛けるレオス・キャピタルワークスの保有比率が6,71%となり、新たに5%を超えたことが判明しました。
レオス・キャピタルワークは、藤野英人が代表取締役で、「ひふみ投信」「ひふみプラス」はリッパー・ファンド・アワード・ジャパン2016において最優秀ファンドを受賞するなど、代表の藤野英人氏は、かつてカリスマファンドマネージャーと呼ばれたほどの凄腕ファンドマネージャーで、独自のノウハウを持ち、資本市場はもちろん、会社や人をよく研究しており、その理念はものすごく勉強になります。
2017/07/25 8:15