山王(3441)【「導電性微粒子及び導電性微粒子の製造方法」の特許を取得!】



山王  [3441] 東証JQ部 時価:995円

山王(3441)は貴金属を中心とした表面処理加工会社で、めっき加工分野での実績が豊富、耐食性・強度などに定評があります。更に電子部品の精密プレス加工及び金型制作も手掛けており、スマホや車載向けが好調で上方修正をするなど業績は好調です。
同社が取得した「導電性微粒子及び導電性微粒子の製造方法」の特許は、国立研究開発法人 産業技術総合研究所(産総研) 福島再生可能エネルギー研究所と実用化に向け研究・開発中である「銀めっきアクリル粒子」を製造するための基本技術の特許取得となります。この特許技術を用いることで、コア材料のアクリル樹脂上に直接またはニッケル層を介して、緻密な銀層を形成することが可能となります。
製品の特徴としては、市販されている銀金属粒子との比較で比重が小さいことから、分散性に富み、導電性も同等の性能を有しています。また、コア材料にアクリル粒子を使用することで、使用金属量も格段に抑えられ、安価な導電性微粒子の市場提供が可能になります。
今後、導電性フィルム等への混練部材や、その他特性を生かした製品・技術への転用を目指し拡販活動を進めて行く予定としており、本技術を権利化することで、実用化の際には差別化が図れるものと考えております。
同社は今年4月7日に産業技術総合研究所 福島再生可能エネルギー研究所の17年度「被災地企業のシーズ支援プログラム」に採択されており、産総研が福島県内に整備する再生可能エネルギー研究所などを活用して、無償で技術支援を受けることが可能となり、事業化に向けた対応を加速するとしていました。
2017/08/25 8:00