ディップ(2379)【サイトを全面斬新、正社員の求人探しやすく、「バイトル」、転職版と情報共有、若者



ディップ  [2379] 東証1部 時価:2315円

バイト・派遣求人情報サイト「バイトル」や「はたらこねっと」などを展開しているディップ(2379)は積極的な広告宣伝投資を実施し、認知度向上を図る。その為に、今月中にも、アルバイト求人サイトと転職求人サイトを同時に刷新する。どちらのサイトからもアルバイト・社員両方の求人案件を検索できるようにする。正社員雇用を目指す若者や、自分の生活に合わせて幅広く仕事を見つけたい主婦層などの需要に応える。職場の雰囲気などがわかる機能も拡充しながら、仕事探しを支援する。
 パート・バイト求人を扱う「バイトル」と、社員を中心とした転職案件をまとめた「バイトルネクスト」を5年ぶりに全面リニューアルする。PCやスマートフォン、アプリも含めすべてのサイトの表示や内容を見直す。主な改善は、双方のサイトでパートから社員まで幅広く検索できるようにする点だ。求人案件を寄せる顧客企業の意向を踏まえながら、相互に案件を掲載していく。例えばバイトルではパート・アルバイトだけでなく、タブを1つ切り替えれば、バイトルネクストで扱う正社員の求人をすぐに見られるようにするなど、バイトと社員の求人を同時に調べやすくすることで、20代の若者に加え、主婦層などの利用が増えるとみる。
 バイトルに掲載している求人への応募者の約8割を占める20代以下の若年層のなかには、バイトルでアルバイトの求人を検索しながらも、内心は社員での採用を希望する利用者が増加傾向にある。現在、学生を除くバイトル利用者のうち、約半数が社員での雇用を希望しているという。
  一方、主婦の場合も、自分の生活や収入に照らし、パートや社員の案件を幅広く探したいというニーズがある。バイトルでは近年、テレビCMなどを通じて主婦層へのPRを進めてきた。その結果、主婦のサイト閲覧が増えており、パートや社員の情報の充実で、時短などを考慮しながら働き口を探したい主婦が利用しやすくする。
 今回の刷新では、バイト・パートと社員の相互掲載のほか、職場の雰囲気などを知ってから応募したいというニーズが高まっているのに応えて、職場環境や雰囲気が伝わる項目を3〜5段階のバロメーターで表示する機能もそれぞれのサイトに追加する。例えば、デスクワークと立ち仕事、業務外交流が少ない・多い、男女の割合などの項目だ。バイトルでは2010年から職場の様子を動画で紹介するサービスを提供してきた。新機能で職場環境の情報を充実させ、主婦層らの応募数の増加を狙うなど、一連の刷新により、利用者の増加ペースを引き上げる。とりわけ利用者獲得に注力しているバイトルのスマホアプリ版では、下期(9月〜1月)のアプリのダウンロード数を上期比30%増やしたいという。
2017/08/29 7:25