第一興商(7458)【「ビジネスプラン」を全国主要ビジネスエリアに拡大!】


第一興商  [7458] 東証1部 時価:5260円

第一興商(7458)は業務用カラオケ機器の販売・レンタルが主力ですが、「ビックエコー」というカラオケルームや飲食店を手掛けているが、今月からカラオケの個室をワークスペースとして提供するサービス「ビジネスプラン」の全国展開を始めた。働き方改革に向けた取り組みの一環で、これまでカラオケルーム「ビッグエコー」の首都圏の一部店舗で実施していた。好評なため札幌、仙台、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡など全国の主なビジネスエリア32店舗に広げる。
 ビジネスプランの料金は全店舗一律で1ソフトドリンク付き60分600円(税別)で、30分延長するごとに300円(同)がかかる。1500円(同)のフリータイムプランも用意した。Wi―Fi(ワイファイ)や
電源タップ、HDMIケーブル、卓上ホワイトボードを無料で利用できる。
 第一興商のカラオケ店の多くは駅から近く、移動中に立ち寄りやすい。個室なので周囲の目を気にせずに電話や会話ができ、室内のモニターは会議に使えるため、ワークスペースとして利便性の高さが注目されていた。
 同社は昨年12月から、カラオケルームをワークスペースとして提供する実証実験をNTTコミュニケーションズと共同で実施していた。カラオケ市場が横ばいで推移する中、シニア向けに健康促進プログラムを提供するなど新規需要の開拓を進めている。
同社の18年3月期第一四半期の連結経常利益は前年同期比24,4%増の58,2億円に伸び、4−9月期計画の95億円に対する進捗率は61,3%に達し、5年平均の50,2%も上回っています。
2017/09/06 8:25