石川製作所(6208)【ブラックロック・ジャパンが5,36%の大量保有報告書を提出!】



石川製作所  [6208] 東証1部 時価:2895円

北朝鮮情勢の緊張の高まりから、防衛関連の一角として物色人気が高まっている、石川製作所(6208)ですが、同社の株式を、米大手運用会社ブラックロックの日本法人ブラックロック・ジャパンが、22日の取引終了後に関東財務局に34万2500万株(5,36%9の大量保有報告書を提出し、保有していることが判明しました。報告書によると保有目的は純投資であるとしており、関心を集めることでしょう。
株価チャートからは、2005年5月高値(2720円)を上回り、ようやく長期的観点からの株価推移の変化の兆しがうかがえる。つまり、地政学リスクの長期化も意識せざるを得ないが、数年来の新ゾーンに投入したと思われる。信用残が買い残に偏っている状況ではなく、売り算と買い残が低位で拮抗している。ここからは取り組み妙味も材料として加わり、上値を試す局面入りとなる可能性が高い。
今後の上値メドとしては、1996年5月高値(6440円)から97年12月安値(490円)までの下げの中間値となる3465円どころ、2000年10月安値(380円)を起点としたE計算値3720円どころ、1997年12月安値から98年7月高値(8700円)までの中間値4595円などが考えられる。
一方、RSIはさすがに加熱ゾーンに入っていることから短期間で減速することも考えられ機敏に対応していただきたい。
2017/09/26 7:50