UUUM(3990)【8月の月間動画再生回数が設立後はじめて30億回を突破!】



UUUM  [3990] 東証M部 時価:5680円

UUUM(3990)が8月30日に上場日に高値を付けて以来、ベンチャーキャピタルなどの利益確定売りによる下落が続いていたが、調整局面から上昇機運が高まってきているように思われる。
同社の月間動画再生回数は13年7月には7000万回だったが、同年11月からHIKAKIN、佐々木あさひ、はじめしゃちょー、瀬戸弘司などトップYouTuberのマネジメントを開始したことで急速に再生回数を増やしており、昨年8月には20億回を突破、そして一年後の8月に設立後はじめて30億回を突破しました。
今日の日経新聞で、「インターネット上で情報発信力を持つユーチューバーなどを支援するビットスター(東京・渋谷、渡辺拓社長)はTBSホールディングス(9401)、朝日放送(9405)が運営するベンチャーキャピタルから総額6000万円の出資を受けた。ユーチューバーを活用したテレビ番組の共同制作や番組の宣伝にインフルエンサーを使うなどの協業を進める。ビットスターは2014年の創業。資金調達と併せて社名を従来のビズキャストから変更した。」の記事が出ています。
UUUMのコンセプトは「今までにない楽しみを「コドモゴコロ」ある発想で生み出し、新たな文化・価値を創造するコンテンツカンパニーです。「好きなこと、楽しいこと」の延長線上でコンテンツが生まれ、共感する人々に受け入れていく。個人がメディア化しプラットフォームやメディアを問わず影響力が持てる時代。そして、送り手と受け手の境界線が無くなり、連鎖的に連なることで生まれる新たな文化や市場。そんな新時代のエンタテイメント体験を、世界中の全ての人々に届けます。」となっています。
今後はスマホ定着により動画広告市場が拡大し、今後4年で市場規模が3倍の2300億円に拡大する見通しとなっています。日本動画広告市場のテレビ広告に占める割合は4%と米国(14%)に比べて大きく出遅れており、拡大の余地は大きいと考えられます。
2017/10/02 8:55