東海カーボン(5301)【黒鉛電極やカーボンブラックの好調で今期経常を24%上方修正!】



東海カーボン  [5301] 東証1部 時価:1190円

東海カーボン(5301)は10月30日に推奨しているので同社の事業内容については省略しますが、11月2日に同社は17年12月期第3四半期(1−9)の決算を発表し、連結経常利益は前年同期比17倍の87,9億円に急拡大しました。併せて、通期の同利益を従来予想の97億円→120億円(前期は17億円)に23,7%上方修正し、増益率も5,7倍→7,1倍に拡大する見通しとなると発表しました。今期業績の上方修正は7月に続き2回目となります。これは、黒鉛電極の販売数量の増加やカーボンブラックの販売価格の上昇でマージンが改善したことが寄与しています。更に円安による採算改善や為替差益の増加なども上振れに貢献しています。
会社側の発表した上方修正に基づいて、当研究所が試算した7−12月期(下期)の連結経常利益も従来予想の47,7億円→70,7億円(前年同期は19,3億円)に48,2%増額し、増益率も2,5倍→3,7倍に拡大する計算となります。
尚、9月28日に発表した「黒鉛電極メーカーSGL GE米国子会社の株式取得」による連結業績の影響は、現在精査中の為に今回の上方修正には織り込んでいないとしています。黒鉛電極は電気自動車(EV)に使うリチウムイオン電池の原料にもなっていることから、今後はEV時代の到来共に同社の事業も拡大することが予想されます。
2017/11/06 7:50