ヤマシンフィルタ(6240)【今期経常を77%上方修正、1→5の株式分割で今期配当が実質増配!】



ヤマシンフィルタ  [6240] 東証1部 時価:4140円

ヤマシンフィルタ(6240)は建設機械、産業、プロセス用の油圧フィルターの専門メーカーで、コマツや米キャタピラーなどの建設機械メーカーなどの主要顧客向けの建機用フィルター販売が伸びていることに加えて、公共投資の活発化で建設機械需要の拡大が続く中国を中心に建機用フィルターやフィルター交換部品の販売が想定以上に伸びたことから、同社の18年3月期第2四半期(4−9月)の連結経常利益は前年同期比2,2倍の9,3億円に急拡大しました。
併せて、通期の同利益を従来予想の9,7億円→17,2億円(前期は9,3億円)に77,3%上方修正し、増益率が3,9%増→84,2%増に拡大する見通しとなりました。
更に11月30日割当で1→5の株式分割を行い、今期の年間配当を従来計画の14円→8,8円(前期は12円)に修正していることから、年間配当は実質14,3%の増額となります。
会社側の発表した上期実績と通期計画に基いて、当研究所が試算した10−3月期(下期)の連結経常利益は前年同期比51,7%増の7,8億円に拡大する計算になります。
直近3ヶ月の実績である7−9月期の連結経常利益は前年同期比2,0倍の4,4億円に急拡大し、売上営業利益率は」前年同期の10,0%→14,4%に大幅上昇しています。
フィルターは「建機のアキレス腱」といわれる油圧機器に欠かせない重用部品であり、今後も顧客の業績好調による需要拡大が期待されます。
2017/11/07 8:00